膣カンジダ症の感染ルートを説明します。他の性感染症とはちょっとちがいます

膣カンジダ症の感染ルートは他の性感染症とちがって、性行為感染よりも体調不良などの理由による発症が圧倒的に多いのです。

ここでは膣カンジダ症の感染ルートと共に発症原因を説明することにします。


1.性行為感染

頻度は少ないのですが、膣カンジダ症も性感染症にはちがいありません。従って性行為で感染しますが、男性から女性に感染するケースは少ないと言われています。

私が調べた限りでは、コンドームなしの性行為1回あたりの感染確率は5%だそうです。



2.免疫力の低下

常在菌の増殖を抑える免疫力が低下すると、異常に悪玉菌が増えて病気になることがあります。いわゆる日和見感染です。具体的には、風邪、疲労・過労、睡眠不足、過度のダイエット、ストレスなどが原因となります。

あるいは、膠原病や花粉症、喘息などの疾患でステロイドホルモン剤を使用すると免疫機能を抑制する働きがあるため、カンジダ症になることがあります。

あるいは、何かの病気で抗生物質を長期使用すると、それによってカンジダ真菌と競合していた他の常在菌が死んでしまい、その分だけカンジダ真菌が増えて膣カンジダ症を発症することがあります。

ネット上でよく見かける相談に、「風邪の治療でカンジダを発症した」というのがあります。これも風邪の治療に抗生物質を使うためです。



3.膣の自浄作用が低下

膣には内部に悪玉菌が増えないように、また外部から雑菌が侵入しないように自浄作用が働いています。その自浄作用が低下すると、カンジダ真菌も増えて、膣カンジダ症を発症します。

では、ここでは膣の自浄作用について少し説明します。自浄作用の1つは、膣内を酸性に保ち、悪玉菌の増殖を抑えたり、外部から侵入してきた雑菌を殺す働きがあります。

この自浄作用には、デーデルライン桿菌(かんきん)という善玉の常在菌が働いています。デーデルライン桿菌は、膣内で乳酸を作り酸性の環境を保ちます。およそpH3.8~pH4.0に保っています。

この自浄作用が低下するのは、1つには清潔にし過ぎることがあります。膣内まで石鹸で洗ったり、ビデを使いすぎたりすると、肝心のデーデルライン桿菌まで洗い流してしまい、自浄作用が低下します。

この自浄作用は、免疫力の低下と同じように体調不良によっても影響されます。日頃の健康管理が大事ということです。

また、エストロゲンなどの女性ホルモンも膣内を酸性に保つ働きをしています。このホルモンバランスが崩れると、自浄作用が低下することがあります。



4.おりものによる自浄作用

女性のおりものも自浄作用のひとつです。膣の中の細菌や老廃物などを排出して新陳代謝を助けます。これによって、膣の内部は清潔に保たれ悪玉菌が増殖するのを防ぐと同時に、外部から細菌が入ろうするのを防ぎます。

正常なおりものは透明か白っぽく、やや酸っぱいにおいがして水のような性状です。性感染症に感染すると多くの場合、おりものの色や匂い、性状に変化が見られるので、健康状態の目安にもなります。

以上が膣カンジダ症を発症する原因の説明です。冒頭にも書きましたが、他の性感染症とは異なって、他からの感染よりも自分自身の体調不良による免疫力低下、自浄作用低下が大きな原因です。

日頃の体調管理が何より大事です。そして、性器及びその周辺を清潔に保つことは大事ですが、それもやり過ぎると善玉常在菌を殺したり流したりして返って逆効果、悪玉菌を増やすことになります。

なお頻度は少ないですが、カンジダ菌は性行為でも感染します。ときには男性にも感染することがあり、性風俗などで遊んだああなたは要注意です。大事な彼女や奥さんにうつさないようにして下さい。

■カンジダの予防にはコレ!そして再発治療にはコレ!
カンジダ用薬用石鹸・カンジダ治療の定番ミコナゾール・男性用強力クロマゾールなどご紹介。

■カンジダは病院へ行かなくても検査が出来ます。
あなたの自宅で簡単に信頼性の高いカンジダ検査が可能です。また、HIVも同時に検査可能です。