包茎の男性はカンジダに感染しやすい、と言うお話をします。

このサイトの名前も「膣カンジダ症検査完全ガイド」としているくらいに、カンジダ症は女性に多い感染症です。

カンジダの病原菌はカンジダ・アルビカンスと言う真菌、すなわちカビの一種です。

みなさん、カビがどんなことろに出てくるか思いだしてください。暗くてジメジメしたところですよね。いつも日光にあたって風通しのいい場所には出てきません。

カンジダ真菌もカビの一種なので、その性質は同じです。女性の膣内はカンジダ真菌が繁殖しやすい環境なのです。

それに比べて男性の性器は体内ではなく、外部に出ています。日光にあたるとか、風通しがいいとまでは言えませんが女性の性器に比べればカンジダ真菌が繁殖しにくい環境です。

ただし、包茎の場合はちがいます。特に真性包茎だと亀頭が常に皮で覆われているため、ジメジメしているのです。

カンジダ症の女性とコンドームなしで性交渉した場合、感染確率はぐっと高くなります。

包茎で感染しやすいのはカンジダ真菌だけではありません。包茎は亀頭まで完全に皮をかぶっているため に、中にカスのようなものがたまりやすく、不衛生になりがちなのです。

カスの部分に雑菌が多くなり、尿道炎、包皮炎、亀頭炎などの原因になります。

そして、こういった炎症を 起こした部分からはウイルスや細菌が侵入しやすくな り、あなたはカンジダはじめ、色んな性感染症(性病)にもかかりやすくなるのです。

また、亀頭が皮で保護されているためにジメジメして弱く、性行為などで皮がむけたとき傷が入りやすくなっています。

当然ながら粘膜部に傷が入ればそ こから性感染症の病原体が侵入しやすくなります。

あなたが仮性包茎の場合はともかく、真性包茎なら一度泌尿器科で診察してもらうことをぜひオススメ致します。

ただし、悪徳商法で法外な手術代を請求するクリニックも多いと聞きます。

真性包茎なら健康保険が適用でき、まともな泌尿器科なら診察、手術、全部コミでも5万円以下で済みます。(むろん、診察結果によってはこれ以上かかる可能性アリ。)

30万円も50万円もぶったくられないよう、ご注意ください。

■真性包茎はあなたの自宅で矯正が可能です!

詳しくはこちらをご覧ください!

『キトー君で真性包茎が矯正出来る?』