カンジダ症はオーラルセックスでも感染するのでしょうか?

男性、女性、どちらかがカンジダ症に感染している場合、オーラルセックスをすると相手にもカンジダがうつるでしょうか?

あなたはどう思いますか?

私が調べた範囲では、「感染します」

ただし、他のクラミジアや淋菌などとは全く感染のニュアンスが異なります。

と言うのも、カンジダの病原体である、カンジダ・アルビカンスと言う真菌(カビの一種)は常在菌なのです。

常在菌は普通に健康な生活を送っているあなたにも、私にも存在します。

口の中にいたり、腸の中にいたり、性器、膣にいたりします。

しかし、常在菌は私たちが普通に健康な状態では別に悪さもしません。何故なら、免疫力で増殖を抑え、善玉菌とバランスを取っているからです。

ところが、何かの理由であなたの免疫力が落ちてくるとカンジダ・アルビカンスが増殖してカンジダ症を発症します。

いわゆる「日和見感染症」というやつです。

ここで最初の話に戻るのですが、、性器にカンジダが増殖した状態でオーラルセックスを行えば、当然相手の口の中にもカンジダ・アルビカンスが感染します。

ただ、だからとって必ずうつされた相手が口腔カンジダ症になるかと言えば、そうではありません。

先ほども書いたように、カンジダ症は「日和見感染症」なので、抵抗力がない、免疫力が落ちた状態で発症します。

免疫力が強い状態では発症しないのです。

これがクラミジアや淋菌だと免疫力には関係なく感染してしまいます。(多少は関係するかも知れません)

まぁ、いくら健康状態であっても大量のカンジダ菌が送られてくれば発症しやすくなるのは当然であり、カンジダを発症している間はオーラルセックスも厳禁です。

相手もカンジダになってしまう可能性があります。カンジダが完治してからにしましょう。

なお、口腔カンジダ症の症状としては、頬、唇、舌、歯ぐきに白い苔(こけ)状のものが出来ます。

白い苔はぬぐうと取れるのですが、その下の粘膜は赤くなっています。

口腔カンジダ症の治療には、イトラコナゾール(イトリゾール)、ミコナゾール(フロリード)といった内服薬や、外用薬として抗真菌薬のミコナゾール(フロリードゲル)を口腔内に塗布します。

もしもあなたの口の中に白い苔のようなものが見つかったら、すぐに病院に行きましょう。

口腔カンジダはHIV感染による免疫低下でもよく見られる日和見感染症なので、決して軽く考えないで診察してもらって下さい。

イラストフッター

カンジダの予防・治療用にどうぞ!
カンジダクリアバナー ・カンジダ予防の抗真菌石鹸(男女共通)

・女性用・男性用のカンジダ治療薬。
矢印カンジダ予防・治療薬一覧
デリケートゾーンのケアにどうぞ!
インクリアバナー ・気になるにおいをシャットアウト!

・かゆみ、黒ずみ対策にも効果的!
矢印におい・おりもの対策用品一覧
カンジダ検査が自宅で簡単に!
検査キット ・性器カンジダ検査(男性用・女性用)

¥4,110(税込)
矢印カンジダ検査 女性はこちらから

矢印カンジダ検査 男性はこちらから