「乳酸菌でカンジダ予防」の第3弾です。いわば総決算とも言えるまとめの記事になります。あなたのカンジダ予防にお役立てください。

当サイトではこれまで乳酸菌を摂取して免疫力をアップし、それでカンジダの発症を予防しましょうという記事を2つ書いています。

それがこちらです。

■『ケフィアでカンジダ予防』

■『乳酸菌でカンジダ予防』

どちらも乳酸菌があなたの免疫細胞を活性化させ、カンジダはむろんのこと風邪やその他の病気にもかかりにくくなるというお話を紹介してきました。

そして私は今回、こんな本を見つけて読んで見ました。

『あなたの知らない乳酸菌力』 小学館 後藤利夫著

この本には私がこれまで記事にしてきた内容を更に詳しく解説してありました。なぜ、乳酸菌を摂取すると免疫力がアップするのか。

その秘密を総決算します。ぜひあなたのカンジダ予防に役立てて欲しいと思います。あるいはこの記事を読んでいるのが男性のあなたなら、彼女にさりげなくうんちくを話すと見直されるかも知れませんよ!

◇私の娘がヨーグルトを食べる理由

私には24歳になる娘がいます。現在実家に同居して会社務めをしています。娘は小学生のころから線が細くてよく学校を休んでいました。体が弱かったのです。

そして大学生時代は県外に出て一人暮らしをしていました。この4年間の食生活はかなり悲惨だったようで様々な病気にかかっていました。

こんな体でまともに就職出来るのか?仕事が出来るのか?

私は親ばかじゃないですがちょっと心配していました。

しかし県内に就職をして実家に戻って丸2年。毎朝6時に起きて夜の8時前に帰宅しています。至って元気に働いています。実はその秘密が乳酸菌だったのです。

娘は毎朝ちょっと大きめのヨーグルトを食べます。休みの日でも365日、欠かさずヨーグルトを食べています。娘に言わせると、これが健康の秘訣なのだそうです。

なぜヨーグルトが健康にいいのか?

娘に質問してみると、

「ヨーグルトには乳酸菌が沢山含まれていて、それが健康にいいから。」

と答えがかえってきました。そして、娘はそれ以上のことは知らないようです。何となく乳酸菌は健康に役立つ、そのイメージで食べ始め、ずっと続けているのです。事実健康になったので効果を実感しながら継続中という訳です。

むろん、ヨーグルトだけで健康になれるはずはありませんが、ヨーグルトが健康にいいのも事実です。

ではなぜ、ヨーグルトを食べると元気になれるのか?

その秘密は乳酸菌・大腸・免疫力、この3つのキーワードにありました。

◇乳酸菌と大腸の関係

あなたの大腸には数百種類、合計100兆個もの腸内細菌がいます。その中には善玉菌、悪玉菌、日和見菌(中間菌)が混在しバランスを取っています。

●善玉菌

善玉菌は腸内細菌の1割を占めています。代表的なのが乳酸菌です。腸の働きを良くして便秘や下痢を改善してくれます。またビタミンB群など体に役立つ物質を作る働きもあります。

そして乳酸菌のような善玉菌が増えることで悪玉菌が減り、腸内環境が良くなります。後で詳しく書きますが、腸には「腸管免疫」という機能があり、全身の免疫細胞のうち60%~80%が腸に集中しています。

腸内環境が良くなることで腸管免疫の機能も強化され、免疫力アップにつながるのです。すなわちカンジダ菌に対しても免疫力で増殖を防ぐことが出来るようになるのです。

●悪玉菌

悪玉菌も腸内細胞の1割を占めています。悪玉菌の代表はウェルシュ菌です。タンパク質を腐敗させ、発がん物質や毒性物質を作ります。従ってあなたや私が健康に暮らすには悪玉菌を腸の中で減らすことが大事です。

悪玉菌が腸内に多い状態は臭い有毒ガスがいっぱいたまります。だからおならが臭い、便が臭い、口臭や体臭が気になる、などの場合は要注意です。

●日和見菌(中間菌)

日和見菌は腸内細菌の8割を占めています。日和見菌は善玉菌と悪玉菌のバランスが取れているときには特に悪さもしません。

しかし、日和見菌という名前の通り、善玉菌が増えれば自分も善玉になるし、悪玉菌が増えれば悪玉へ変わります。まさに日和見するのです。日和見菌の仲間としてはバクテロイデスなどがあります。

今説明したように腸内細菌の善玉菌代表が乳酸菌なのです。乳酸菌を増やすことで腸内環境が良くなり、日和見菌が善玉に変わることでますます良くなります。それは免疫力がどんどん強化されることにもつながります。

◇乳酸菌の働きとは?

では、乳酸菌が善玉菌と呼ばれる理由、その働きをご紹介しましょう。乳酸菌にはこんな健康に役立つ働きがあります。(「あなたの知らない乳酸菌力」を参考にしました)

1.免疫力を強化する

『乳酸菌でカンジダ予防』にも書きましたが、乳酸菌にはNK細胞という免疫細胞を活性化させる働きがあります。あるいはマクロファージという免疫細胞も活性化させます。

これらの免疫細胞は体内をパトロールして外敵を見つけると攻撃して退治する役目を持っています。従って乳酸菌によってこれらの免疫細胞を活性化させることは健康の基本、大元になります。

むろん、カンジダ菌の増殖を抑えるのにも役立ちます。そして乳酸菌は免疫力をアップしてカンジダを予防するだけでなく、もっと多くの健康や美容に役立つ働きをしてくれます。

2.便秘の予防と改善

乳酸菌を摂取することで便秘の原因となっている腸内の悪玉菌が減ります。

3.肌荒れ改善

腸内の毒素や老廃物が全身に回り肌から排出されると肌荒れとなります。乳酸菌によって悪玉菌を減らせば有毒物質が減るし、便秘の改善によって体外排出もスムーズになります。腸がきれいだと肌もきれいになるのです。

4.アトピー性皮膚炎の改善

アトピーや花粉症などのアレルギー症状は免疫機能が過剰に反応することで発症します。乳酸菌がこれらのアレルギー症改善に効果的であることが分かっています。

5.花粉症の予防

花粉症もまた免疫システムの過剰反応が原因です。乳酸菌はヘルパーT細胞という免疫細胞に働いて花粉症の予防に役立ちます。

6.血糖値の上昇抑制

血液中のブドウ糖の濃度が高いことを高血糖と言います。高血糖が慢性的に続くと糖尿病の原因になります。『カンジダ症と糖尿病』でも書きましたが、糖尿病の症状は全身に及び免疫力も低下してしまいます。乳酸菌には高血糖を予防する働きがあることが分かっています。

「あなたの知らない乳酸菌力」にはまだまだ乳酸菌の効能が解説されていました。全部書いているととても長くなるので、以下は項目だけご紹介しておきます。

7.高血圧の予防

8.コレステロール値の低下作用

9.胃がん予防

10.大腸がん予防

11.潰瘍性大腸炎の症状を抑制

12.口臭予防

13.ダイエット

14.ストレス緩和

以上のような乳酸菌の効能が紹介されていました。まさに乳酸菌は健康の素と言えますね。

◇乳酸菌を摂取する方法は?

では、このように免疫力をアップしてくれる乳酸菌の効果的な摂取方法は何でしょうか?

一番お手軽なのはヨーグルトを毎日食べることです。うちの娘みたいな虚弱体質でもけっこう元気になれました。ヨーグルトの他にも乳酸飲料が何種類も売られています。これもお手軽ですね。

そして当サイトでお勧めしているのが、「やずやの千年ケフィア」です。

ケフィアとは何でしょうか?ヨーグルトとはどうちがうのでしょうか?

ケフィアもヨーグルトも原料は同じ牛乳です。

●ヨーグルト
牛乳を乳酸菌で単独発酵させたもの。

●ケフィア
牛乳を乳酸菌と酵母の両方で共生発酵させたもの。人によって体内にいる善玉菌の種類がそれぞれ異なるため、健康を維持するには摂取する菌の種類や個数が大切だといわれています。

要するにヨーグルトよりも善玉菌の種類と量が多いのがケフィアです。詳しくはやずやのホームページをご覧ください。ものすごく詳しく解説されています。別にケフィアを買わなくても健康に役立つ情報がいっぱい載っています。

なお、膣カンジダ症の予防・治療薬はインターネットから購入することも可能です。乳酸菌と違って直接カンジダ菌に働きかける成分が配合されています。ただし、完全な自己責任となりますので、しっかり注意書きを読んで購入して下さい。男性用の塗り薬もあります。

■ご存知ですか?カンジダの予防や再発治療はあなたの自宅でも可能です!
カンジダ用薬用石鹸・カンジダ治療の定番ミコナゾール・男性用強力クロマゾールなどご紹介。

■病院へ行く時間がない、どうしても恥ずかしい、そんなあなたへ!
あなたの自宅で簡単に信頼性の高いカンジダ検査が可能です。また、HIVも同時に検査可能です。